2008年02月22日

短歌とは呪文のようなもの?

 ぼくは最近おもっているのですが、短歌っていうのは「呪文」みたいなものに近いんじゃないでしょうか。そうおもうと、いろいろなことがわかってきた気がしたのです。

 二、三年前に短歌を書き・読み始めた頃は、なんで「文語」なんて使う人がいるのか理解できなかったし、ものを書くうえではできるだけ読者にわかりやすく、明確に書くべきではないか、つまり、短歌だって現代語で、自分の言葉で表現し、自分の伝えたい内容がきちんと伝わるように心がけるのが本筋だとおもっていましたが、どうやらそういう考え方も正しくはないということがわかってきました。

 短歌を読みはじめたときは、わかりやすい現代語による短歌を中心に読んで、現代文でありながら57577という定型におさまっている感じにおもしろさも感じたのですが、そういった、いわば安っぽいおもしろさにすぐに飽きてしまうと、だんだん現代語の短歌というのにも不自然さを感じるようにもなってきました。
 それは、現代語で読者にきちんと内容を伝えるという、一般的な文章と同じ価値観で書くのだとすると、ではなんで定型なんて守るのかという点です。
 つまり、短歌もまた一般的な文章とおなじように、作者が伝えたい内容をきちんと伝える表現であるのなら、短歌なんて書かずに、一般的な文章を書けばいいのです。定型なんて気にせずに、31字という長さにとらわれずに自由に書いたほうが、作者が伝えたい内容はきちんと伝えられるに決まっています。つまり短歌なんか書く必要がないのです。
 つまり現代語で書かれた短歌を読むと、なんでこの人はこの内容を短歌という手法で書くのだろうか? このような内容を書きたいのなら、定型なんかにとらわれずにもっと自由に書いたほうが、もっとおもしろいものになるんじゃないかと感じることが、だんだん多くなってきたのです。
 もっとも、それは現代語で書かれた短歌にのみ感じるわけではなく、文語で書かれた短歌でも同じように感じるものは多いし、そのため、そんなに深くは考えずにいたわけです。

 さて、では何で短歌を書く人は、わざわざ定型なんて守って、ほぼ31字で終わるように書くのでしょうか。そんな定型なんかにとらわれずに、もっと自由に書いたほうが、もっとおもしろいものが書けるはずなのに、です。
 それは、そもそも「短歌とは一般的な文章とは違うものであり、作者が伝えたい内容を伝える表現ではない」と考えないと答えが出ません。
 いくらか遠回りはしましたが、たぶんそれが答えでしょう。
 つまり、短歌においては、読者がわかりやすいかどうか、作者の伝えたい内容がきちんと伝わっているかどうかは、それほど重要な事柄ではないのでしょう。そう考えなければ、なんでわざわざ定型を守るのかという理由がありません。そしてそう考えるのなら、そもそも現代語で書くか・文語で書くかといったようなことは、むしろどうでもいい、どっちでもいいことになります。

 短歌とは「呪文」のようなものではないでしょうか。ある世界を喚起させ提示する、そのための「呪文」のようなものというのが、短歌の本質なんじゃないでしょうか。パスがいうとおり、韻律というのは恐るべき神聖なるものに対峙したときの呪詛から生まれたもののようです。
 こんなことを言うと、たしかにそれが詩の源泉かもしれないが、それは遥かな過去の話であり、現在はそんな時代ではないという人もいるかもしれません。でも、そうだとするならなんで韻律なんか守って短歌を書くのでしょうか。現在はそんな時代ではないと思うのなら、短歌なんてやめてしまえばいいというだけの話です。
 つまり、短歌を書くということは、短歌という定型を受け入れたときから、もはや一般的な現代文ではないものを書いているんだと思うべきなんでしょう。
 さいきんまた文語で短歌を書いてみる習作を作りはじめましたが、以前文語で書いてみたときは自分の言葉ではない言葉で書いているもので、いかに地に足がついていない、ファンタジーを書いているような気分になっていたのですが、これを「呪文」のようなものだとおもってみると、文語を使ってみることにも抵抗がなくなりました。短歌というものは、そもそも自分の言葉で書いた、自分の書きたい内容の表現ではないとおもうようになったからです。
posted by aruka at 01:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 短歌、詩など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。