2008年04月27日

堀田善衛『定家明月記私抄』を読む

 藤原定家に興味をもったあたりから、そのうち読もうとおもっていた堀田善衛の『定家明月記私抄』を、とりあえず正篇だけ読みおわりました。やはりおもしろかったです。
 この本は定家のこのような歌を観賞することからはじまります。


雲さえて峯の初雪ふりぬれば有明のほかに月ぞ残れる         藤原定家


 堀田善衛はこの歌の「雲さえて」「峯の初雪」「有明」「月」と蒼白のイメージだけを重ねあわせるだけで歌を構成する技術の見事さを、絵画的であると同時に音楽的でもあり、それだけではなく月が残ったまま明けてくる夜の動きまでが全的に表出されているといって賞賛し、これは高度きわまりない段階まで達した高踏的な文化の産物であるといっています。
 が、同時に、しかしだからといってこの歌の背後にはいかなる意味も思想もなく、美しい音楽がおわった後に残るのは虚無ばかりではないかという疑問も呈しています。
 この本は堀田がその二つの見方に傾斜していく気持ちをかかえたまま、定家の日記である『明月記』をみていくという内容です。

 ぼくがまず意外だったのは、ぼくはどうもよく考えもせず、定家とか新古今というのはこういった優雅で技巧的な歌が多いので、安定した宮廷生活をおくっていた歌人なんかが詠んだ歌というイメージを抱いていたのですが、どんな時代かを考えればとっくに気づいていなければならなかったのですが、定家が生きたのは京都に暮らす公家にとって激動の時代です。
 まず定家の若い時代というのは、平家による京都の支配から戦争がおき、源氏が権力を握った後までの戦乱の時代であり、堀田善衛はこのへんの『明月記』の文章を読むと第二次世界大戦の頃を思い出すと書いています。空襲の下で暮らしているような極限の状況だったわけです。
 さらに当時の京都の治安は最悪の状況で、地方から大量の人口が流れ込むと同時に、盗賊の類も激増し、定家の隣りの家にも強盗が堂々と入ってくるという始末。さらには飢饉がおきて京都だけで4万からの餓死者が出たりというすさまじさです。
 さらに定家が歳をとつにしたがって、武士の台頭に反比例して定家ら公家の収入は右肩下がりで減っていき、生活も貧窮をきわめていくという状況……。
 こんな状況下で、しかしそんな現実を題材にすることなく、上のような幽玄な歌ばかりを詠みつづけるというのは、これはやはり思想がないんじゃなくて、これもまた思想的態度であるとしか思いようがありません。
 たとえば最近の911テロ以後の戦争や、遡って湾岸戦争など、少なくともたいがいの日本人にとって直接巻き込まれたわけですらない戦乱をどれだけの歌人が題材にしたのかという事実と比べてみると、そういった現代の歌人と定家は骨の髄まで違うタイプの人間だと考えるべきでしょう。
 では定家とは何者なのか。それはもう少しゆっくり見ていきたいところです。

 最後に好きな定家の歌を少し引用しときます。


梅の花にほひをうつす袖のうへに軒漏る月のかげぞあらそふ       藤原定家

霜まよふ空にしをれし雁がねのかへるつばさに春雨ぞ降る        藤原定家

さむしろや待つ夜の秋の風ふけて月をかたしく宇治の橋姫        藤原定家

ひとり寝る山鳥の尾のしだり尾に霜おきまよふ床の月かげ        藤原定家

白妙の袖のわかれに露おちて身にしむいろの秋かぜぞ吹く        藤原定家

posted by aruka at 01:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 短歌、詩など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月05日

短歌

花降れる夢幻の庭を往く夕の霄は静寂の内にとざされ


遊民は風の聖座で想いをり夜空に満つる数式の果て


時果つる森のほとりに立つ鳥の睡りの内に密む星空


珪石の卵の内なる庭園の噴水の音のひびく夜なり
posted by aruka at 00:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 短歌、詩など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月03日

短歌と「雅(みやび)」とマニエリスム

 さいきん短歌というものの根拠は「雅(みやび)」というところにしかないんじゃないかという考えが確信にかわってきています。そこを離れてしまうと、つまりは言葉を57577に合わせてみる言葉アソビにしかならないからです。短歌に興味をもちはじめた頃には、(もの珍しさもあって)そんな日常の言葉が57577にぴったりとおさまっているとうだけの「短歌」にもそれなりのおもしろさを感じてはいたのですが、そういうのはやはりすぐに飽きます。短歌の短さではたいした内容は書けないので、日常の文章という基準で読んでしまうと、底が浅すぎてすぐに飽き、くだらなくて読めたものじゃなくなります。となると、そういった日常語による「短歌」というのは、けっきょく青少年のための投稿ゴッコとしての使い道しかありません。つまり、自分できちんとした文章を書けないような青少年が、57577の形式を借りて自分の思いを書いてみて楽しみ、一、二年以内には飽きて卒業していく。そして後になって、そんなものを書いて楽しんでいた頃の自分を、若気の至りとして恥ずかしく思い出す……といった、その程度のものとしての「短歌」です。もちろんそんな行為が短歌の新しい可能性を切り開くなんてことはありえないでしょう。
 でも、短歌というものをそんなくだらないものではない、それ以上のものとしてとらえようとするなら、ほぼ31字の短詩形式にこだわる理由は、やはり「雅(みやび)」というところにしかないんじゃないでしょうか。
 となると、ぼくが最近疑問にかんじているのは、いったい正岡子規がおこなった「近代短歌」という改革は、ほんとうに良いものだったんだろうかということです。
 ぼくは短歌に興味をもちはじめた頃、新聞短歌などによく見られるような、身辺雑記風の内容を文語で書いただけの短歌にかなり疑問をかんじました。日々のちょっとした思いのようなものを、わざわざ読者が親しみにくいような文語で書いて、それでちょっと高尚な文学風になったかのように気取っているだけのようなものに見えたからです。日々に思ったちょっとしたことを読者に伝えたいのなら、文語なんかではなく読者に親しみやすい現代語で、わかりやすく伝えるのが本当ではないかと思いました。歌人がなぜ文語なんてものを使いたがるのかが理解できませんでした。その気持ちは、もしそれらの短歌がそのようなものであるかぎりは変わりありません。
 しかし「雅(みやび)」の立場に立つのなら、むしろ短歌とは日々のちょっとした思いを読者に伝えるために書くものではないのであって、ぼくが疑問をもつべきだったのは文語を使用することより、身辺雑記風の内容のほうだったのかもしれません。
 そもそも短歌とは、江戸時代まではそのような身辺雑記を書くものではなかったわけで、むしろ花鳥風月など「雅」の世界をたのしむための「風流」としてあったもののようです。それが身辺雑記になったのは、おそらく正岡子規が提唱した「写生」という方法論が、さらに私小説などの影響を受けてきた結果のようです。でも、そうだとしたら、いったい「写生」したり私小説的な内容を書くためになんで57577の短詩形にこだわらなければならないのか、そこのところがわからなくなります。ぼくが感じていた疑問はつまりはそこにあったようです。そして多分、その疑問は散文的な意味での「写生」という方法論を前提とするかぎり、解けないもののような気がします。
 やはり短歌というのは「雅(みやび)」とは切り離せないものなんじゃないでしょうか。そう考えると、むしろ近代短歌というのは短歌の歴史のなかで、当時の時代の影響を受けすぎた奇妙な時代だったのではないかという気にもなってくるのです。

 さて、しかしこの「雅(みやび)」というものは、小西甚一の『中世の文藝』には「既に完成されているとするある表現こそ永遠のいのちをもつものだとする考え、そこを目指していくような考え方で、『古典主義』に近いもの」というような説明がなされていたのですが、それはその通りに考えていいのかわからなくなってきました。
 それは前に書いた、塚本邦雄と澁澤龍彦〜種村季弘あたりの文化圏との共通性を考えたときに、象徴主義〜オカルティズムという共通点のほかに、当然、マニエリスムという点もあるんじゃないかと後から思いついたからです。
 このマニエリスムというのは日本では1960年代に種村季弘が訳したホッケの『迷宮としての世界』や『文学におけるマニエリスム』といった本が読まれて当時の若者のあいだで流行ったものでもあるようなんですが、定義としては「古典主義」と対立するもので、本来のありかたとは違ったほうに興味がずれていくような傾向、例えば言葉でいえば、その表している意味よりも、文字の形や響きのほうに惹かれるような心性のことをいうようです。
 そういうふうに定義すると塚本邦雄にはマニエリスムの傾向があるし、たぶん新古今和歌集あたりにもマニエリスムの傾向がかなりあります。さて、しかし新古今あたりは江戸時代まではむしろ短歌の理想とすべき古典として読まれていたはずで、そう考えるとこの「古典主義」という言葉の意味をどうとらえたらいいのかわからなくなってきたわけです。

 いずれにしろ、ぼくは正直いままで古典なんてものに親しんで生きてはきませんでした。日本の古典文学で読んだことがあるのは、歴史への興味の関係から万葉集の一部を読んできた程度です。
 それで、これもいい機会かなとおもって、いま少しづつ古典を読みはじめてみているところです。いままであのような文章は、それこそ学校で無理やり読まされるのでなければ、原文で読もうなんて思いもしなかったのですが、短歌を読んできたことをとおしてずいぶん読みやすくなっている自分も発見しました。
 やはり短歌というのはこういった古典文学と地続きでやるものなのではないかと実感しているところです。それを古典主義と呼ぶのかどうかはまだイマイチわかりませんが。
posted by aruka at 00:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 短歌、詩など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。