2007年03月30日

『日本一のホラ吹き男』

 植木等さんが亡くなってしまいまして、テレビで『日本一のホラ吹き男』をやっていたのをみました。
 ぼくは植木等さんをリアルタイムでテレビで見ていた世代ではないのですが、映画ファンなもので、植木さんの映画はいくつも見たことがあります。(『ニッポン無責任時代』『日本一のゴリガン男』などが印象に残っています)
 以前は「映画」という興味でみていたのですが、今回ボーッとみていて、かえって彼の特異さに気づいたきがしました。とくにおもったのは、これってサラリーマンものなんだなということと、時代のヒーローだったんだなということです。
 コメディアンが映画などの主人公を演じる場合、一番多いのはダメ人間を演じるパターンでしょう。映画のなかで主人公が次々に失敗をやらかし、めちゃくちゃにしていく様を笑いにつなげていくわけです。こういうタイプの場合、主人公は容貌や服装、メイクなどもどこか笑いを誘うようなみじめな格好をしている場合が多いです。これはチャップリンから、植木さんの弟分であるドリフターズ出身の志村けんさんのバカ殿までかわりません。
 しかし、一連の映画で植木等さんが演じていたのはそういったダメ人間どころか、異様なスーパーマンだったといっていいでしょう。彼はへんなメイクも服装もしていなく、映画のなかでつねに颯爽としています。そして失敗をくり返すどころか、異常な行動力でサラリーマン社会のなかをスイスイーッと出世していくのがパターンです。やっぱりカッコいいんですね。
 好きな女の子の前出ると恥ずかしくて何もいえなくなってしまうダメ人間を演じて観客の共感を誘うコメディアンが多いなかで、植木さんはつねに一番の美人に苛烈にアタックしていき、最初は嫌がられながらも最後はゲットしてしまうというのがパターンです。
 植木さん演じる映画の主人公は、やはりヒーローだったといっていいでしょう。
 このコメディアンが演じる主人公が、笑いをとりながらもカッコいいスーパーマンであり、時代のヒーローであるというものって、外国の例などをかんがえてみても、ちょっと他に思い当たるものがないくらい特異なんじゃないでしょうか。
 さらにいえば、サラリーマンであると同時にヒーローでもあるというのも、当時として希有な存在だったんじゃないでしょうか。
 たとえばマンガを例にあげてみれば、あれだけありとあらゆるジャンルがある日本のマンガのなかでも、サラリーマンをカッコいい主人公として描けたのって『課長 島耕作』あたりが初めてなんじゃないでしょうか。それ以前はマンガのなかのサラリーマンというと、共感を誘うダメ社員といった描かれかたが一般的だったとおもいます。サラリーマンって案外ヒーローとして描くのが難しいところがあるもののようです。
 しかし、マンガがサラリーマンをヒーローとして描けるようになる何十年も前に、植木さんはサラリーマン=ヒーローという主人公像をつくりだしていたわけですね。
 こういう存在って、その前にも後にも、あるいは外国の例をみても、ほとんど見あたらないんじゃないでしょうか。
posted by aruka at 01:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画、ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月24日

011:すきま(aruka)

まぼろしと名前があってかたちがありだれかが生きるすきまがあれば
posted by aruka at 01:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 題詠100題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

011:すきま

両掌へと星がおちれば風のない森のすきまにひかるつり橋
posted by aruka at 01:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 題詠100題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

010:握(aruka)

善人が握り潰した戦争に平和の内が黒く爛れる
posted by aruka at 01:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 題詠100題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月21日

009:週末(aruka)

なにもない週末なにもない浜辺 声もないままきえた風景
posted by aruka at 00:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 題詠100題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月16日

008:種(aruka)

夜の庭にひろがる森でぼくたちが月の種族にかわる遠い音(ね)
posted by aruka at 02:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 題詠100題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

008:種

水のない海をあるいてきた人魚 海の色した種子をみつける
posted by aruka at 02:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 題詠100題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月09日

007:スプーン(aruka)

いつかきっとウルトラマンに変わるため今日も空へとかかげよスプーン
posted by aruka at 02:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 題詠100題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

007:スプーン

エデンへの遠き船路は荒れ狂う海をスプーンの櫂で漕いでく
posted by aruka at 02:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 題詠100題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

006:使(aruka)

正義という闇を下りれば熾天使(Seraphim)の吐息に照らし出される煉獄(Limbo)
posted by aruka at 02:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 題詠100題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

006:使

たくさんの扉がならぶ天使街 どこを開けても誰もいなくて
posted by aruka at 02:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 題詠100題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月07日

005:しあわせ(aruka)

しあわせの味をしらないきみのためビンにはいった舌を贈ろう
posted by aruka at 00:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 題詠100題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月06日

004:限(aruka)

限りなく澄んだ真夜中 町じゅうが円い広場にあつまる無音
posted by aruka at 00:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 題詠100題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

004:限

限りない砂浜 空がみえぬ日にひとりでつくる砂の庭園
posted by aruka at 00:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 題詠100題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月03日

003:屋根(aruka)

半月に無数の屋根の凪いだ海 きみがいたのは遠い王国
posted by aruka at 22:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 題詠100題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

003:屋根

星空を映す毛布にくるまって風の行方を聴く屋根の上
posted by aruka at 22:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 題詠100題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月02日

002:晴(aruka)

晴れた日に丘で吹いても彼の銀のトロンボーンは雨の音がした
posted by aruka at 01:15| Comment(0) | TrackBack(1) | 題詠100題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

001:始(aruka)

白い夏おさないぼくのさすらいは始発電車の座席にとけた
posted by aruka at 01:11| Comment(0) | TrackBack(1) | 題詠100題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

参加します(aruka)

昨年初めて参加させていただきましたが、今年も参加させてください。
posted by aruka at 01:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 題詠100題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。